top of page

​悲嘆療法(グリーフセラピー)とは

縁の深い家族や友人、

共に暮らしたペットや愛おしい生きもの、

その他の存在との死別や離別の際に

気持ちが揺らいだり、

その衝撃のあまり心が固まってしまったりするのは

人としてあたりまえのことです。

 

時間をかけて

必要なプロセスを経て

ゆっくり癒えるのを待つことが大事な場合もありますので

 

必ずしも

急いでどうにかしなくてはいけない、と

焦る必要はないと私は思っています。

ですが、

悲しみや怒りや

さみしさ喪失感、絶望感、

伝えきれなかった思い

本当は謝りたかった

本当はもっとこうしたかった…

という気持ちがつらく

今あなたが生きていく上で

何かしらの差しさわりがあったり

もう一度、大事な方や愛する存在と向き合ってみたい

聴きたいことや伝えたいことがある

というお気持ちがあるのならば

 

潜在意識下で

その会いたい方とコミュニケーションをとることが可能です。

 

 

「そんなことができるのだろうか?」

という疑問を持たれる方もいらっしゃいますが

 

「ワンネス」等という言葉があるように

わたしたちの深い層の意識は

つながっていると考えられています。

 

いわゆる霊感というものがない方でも、

夢の中で亡くなった方に会ったり、

なぜかふと気配を感じる時がある

守ってくれているような気がする、

という方は多いのではないでしょうか。

 

 

グリーフセラピーでは

魂の存在を信じる・信じないにかかわらず

ゆったりとした状態で

心の中にあるその方の存在をより深く感じていただき、

大切な故人やペットとのご縁を、

あなたのこれからの人生に

より一層生かしていただけるようサポートしていきます。

 

 

死の受容に関する著書で有名な

精神科医のエリザベス・キューブラー・ロスは

「悲しみが存分に表出されたとき、その悲しみは終わる」

と述べています。 

心や身体が緩んだ状態で

その存在を近くに感じることで

こらえていた涙を存分に流せた、という方も

多くいらっしゃいます。

いろんな事情で悲しみを表出できなかった方も

ご自身の本当の思いに触れ

お気持ちに区切りをつけ

穏やかな心持ちで日常を送れるかもしれません。

そのサポートができましたら​幸いです。

d822bc02812bed465db6fd9941143b8e_s_edited.jpg
​こんな方におすすめです

〇家族や親しい友人との死別や

愛するペットとの別れ(ペットロス)による

辛い気持ちを癒したい方

〇死によるお別れの悲しみ、

「もっとああすれば…」という後悔や罪悪感、

伝えきれなかった思いやわだかまりを

和らげたい方

〇葬儀などはがんばって済ませたけど、今は喪失感や無力感でやる気が起きなくてつらい方

 

〇今は亡き人やペットに会って、

もう一度伝えたい事がある、

または聴きたいことがある方

〇介護や看護、暮らしの中の疲れで

お別れの際に十分気持ちを

感じられておらず、

なにか引っ掛かりを感じている方

〇「あの人なら、このことについて

何て言うだろうか」と

亡くなった人の意見を聞いてみたい方

〇お別れはとても悲しかったのに

気持ちを麻痺させて泣けなかったので

​一度存分に涙を流しておきたい方

などにおすすめしています。

3acc89b86ca45dbffd52c74e8baecd40_s.jpg

​メニュー&料金

​お申込み・お問合せ

​プロフィール

bottom of page